北欧食器が当たるかも!Xmas料理特集!

グレンツェンピアノコンクール

ブログトップ

ブレーク

ブレーク
音楽教室に掛けてある謹厳な音楽家の想像画は真正面から見ず、エピソードを思い浮かべて片目で眺めたら、もつと人間的な面が浮かび上がり、音楽家の心情が間近に感じられ、親密感が沸いてくるようだ。

オペラ、タンホイザー・ローエングリーン等で知られる楽劇王ワーグナーはうぬぼれが強く、借金を申し込んで断った友人に「君は俺に金を貸さなかった事を一生後悔するだろうと」のたもうたとのこと。真偽のほどは定かではないが想像画から察するとさもありなんとも思う。

大作曲家であり、またピアノの鬼才と言われたリストの作品は「初め、荘厳さをもって後はサーカスのごとく、または脱兎のごとく」と評されている。作品を思い出して頂きたい、納得頂けると思う。

ベートーベンのメイドは最長一週間しか続かなかったらしい、怒鳴られっぱなしでその多くのメイドは這う這うの体で逃げ出したらしい。

イタリアの作曲家ロッシーニは稀代の怠け屋でそれに纏わるエピソードは数多ある。特に有名な話としてはある時ベッドで寝ていて作曲していたら、つい楽譜を床に落としてしまった。
しかしそれを拾うのが億劫でまた別の五線に新しい曲を書き、後年その曲が名声を博したといわれている。動作もすべて愚鈍であったが不思議に作品は殆どの曲が軽快であった。作品例、「ウィリアムテル序曲他、」また美食家でもあつたらしい、そのせいかイタリアにはロッシーニ因んだ同名のケーキが結構沢山あるらしい。

モーツァルトのオペラはその殆どが男女の愛憎劇である。一方、花を愛でた歌曲はあまりないらしい。反面ベートーベンには自然描写の曲が多い。「交響曲第6番 田園 」

約50年前学生時代、ひょんなことから当時、わが国の代表的指揮者より指揮法について直接聞いた話。「指揮者は聴衆に対していかにして素晴らしい音楽を与え、享受してもらえるか、そのための伝達法が指揮法であるが極論すれば先に音楽在りきで指揮法はその手段にすぎない」と云われた。
実際、その先生の指揮法は2拍子でも3拍子でも4拍子でもどの曲も前後に振るだけの一見同じ動作に見え、俗称、車引と言われていた。しかし率いるオーケストラは第一級であった。

■  [PR]
# by andreK | 2010-11-24 16:47

雑感 1.

雑感 1.
一流のコンサートホールは一流のピアニストの占有物のような先入観があるが、しかし小さいお子様にスタインウェイはもったいない、なじまないという人は皆無と思う。それと同じように言い換えるとホールは大きな楽器であり、ほどよい残響、透明性のある音色は誠に魅力的で、感受性細やかな小さなお子様ほどこの音・響きを早く体感醸成してもらいたいものである。この趣旨、願いを込めて当会は採算を度外視して全国130ホールがすべてトップのホールで使用料は最高200万(一日、付帯設備も入れて)払っている。

■  [PR]
# by andreK | 2010-10-02 16:17

第二回グレンツェンピアノコンクール全国大会

過日の第二回全国大会は参加者数、計4.700名より480名を選抜し、二日間実施しましたが高競争率のため、参加資格者は金・銀・銅の三賞受賞者とそれに次ぐ高得点の優秀賞受賞者のみとしました。できることならこれまで三ステージをクリアされた挑戦者ゆえに実施期間を三日間ぐらいに延長して実施したかったのですが如何せん、ホールの空き状況等の都合により、それも儘ならず、残念でした。来年はあらゆる角度から検討し、よりよき結果が得られるよう努力したいと思います。

■  [PR]
# by andrek | 2010-10-01 19:48

第二十回グレンツェンピアノコンクール本選課題曲について

    第二十回グレンツェンピアノコンクール本選課題曲について
 今回、第二十回予選課題曲低学年コースの難易度が高く、先生方から「参加を薦めたかったが到底その域に達せられず残念でした」とのお声をしばしば耳にしました。
 このご意見を真摯に受け止め、早速、次に続く本選課題曲は適正レベルの課題曲として選曲したつもりであります。
 特に小学校3・4年Aコースは一見、テクニック的には予選課題曲よりもやさしく感じられますが、この課題曲は演奏上スタカート、レガート、アフタクト等最も基本的必要欠かざる要素が凝縮されています。
 それ等の基礎的テクニックと表現力醸成にこのコースは最適な年齢として意図的に課題曲とさせて頂きました。
 機会あるごとに申しておりますようにグレンツェンの課題曲は譜面上はやさしく感じられますが練習、レッスンを重ねるに従い、奥深く包含された問題点が浮き彫りになってまいります。
 このことは多くの先生方が異口同音に申されて賛意を頂いております。従いまして、やさしい即、低レベルと短絡的にお取りになりませず課題曲出題の意図をご斟酌下さいましてご理解を賜りますようお願い申し上げます。

■  [PR]
# by andreK | 2010-09-13 17:42

第一回全国大会 ブログ

全国大会ブログ
○20年目にして漸く念願の第一回全国大会を浜離宮朝日ホールにて実現しました。地区最終大会(西日本・近畿・中部・関東)入賞者は4.700名。その中から選らばれた350名だけにどの演奏も完璧なテクニックに裏打ちされた素晴らしい演奏でありました。特に一つ一つの音が透き通るようにきれいで際立ったレガート奏法、思わず身を乗り出し、吸い込まれるような豊かな表現力、さすがに全国大会に相応しい内容でありました。
○ただ心残りは男子高校生が直前に曲違いに気づき、本人は相当動揺して羞恥心から間際まで出場を躊躇っていましたが先生、スタッフが折角、鹿児島から来たのだから点数評価は出来ないが審査の先生にお願いしてコメントは頂けるようにお願いするからと懸命の説得をし、最後には本人も意を決して出場しました。結果、先生方のコメントもすべて好意的で丁寧なコメントを頂き、審査の対象にはなりませんでしたが結果的には満足したようでありました。
○人間の価値は崖っぷちに立ったとき、その人の価値がわかるといいますが正にそのとおりで、本人は精神的に大変なハンディがあつたにもかかわらず好演奏をしました。もし課題曲を弾いたら最高賞ではなかっただろうかと悔やまれます。
○なぜか時々課題曲違いの演奏がありますがその曲違いに限り、課題曲よりも難しく、演奏も金賞に値する出来栄えがあります。勿論、コメントは渡しますが残念ながら点数評価は対象外で致しません。惜しいです。

■  [PR]
# by andreK | 2009-06-24 16:39

ピアノコンクールに一考

ピアノコンクールに一考
優れた才能の持ち主はともかく、普通のお子様がハイレベルな課題曲に取り組まれる場合、それを消化するには相当な時間と忍耐を要する。全てがそうとは断定できないが中には成果を得ることなく結果的に音楽を苦と感じるようになり、次第にピアノから遠ざかって行くという皮肉な現象も起きているようである。それでも継続は力なりで幸運にも念願の音大ピアノ科に入学できてもそれからが大変。ある有名音大のピアノ科の先生から聞いた話、とかく受賞歴のある学生に共通していることは長期間同曲のみの練習に終始してきたためか演奏も先生のコピーの域を出ず創造性にも乏しく初見も効かず大変苦労しているとのことである。そのような傾向や弊害があるとすればレベルの如何に関わらずコンクールのシステム、内容にも一考を要することと思う。他山の石とすべきか。

■  [PR]
# by andreK | 2008-06-07 11:34

課題曲レベルアップのこと

最近グレンツェンはレベルが上がったと言われるようになった。同時に課題曲のレベルアップを望む意見や飛び級を望む声等様々な立場で様々な要望がある。これもグレンツェンを愛するゆえの声として有難く拝聴している。
但し、全ピアノ人口の推定80パーセントのお子様を対象としてスタートした小会ピアノコンクールはお子様方がポジティブな心で限り無く音楽への憧れを醸成されることを願い、実施しているスタンスゆえに課題曲レベルの線引きは至難の業である。
今年度本選より全国大会に向けて課題曲は各選ともに緩やかにレベルアップする。特にA・B間はもっと格差をつけたい。
 

■  [PR]
# by andreK | 2008-05-27 22:16

第一回全国大会

最近のグレンツェン参加者は回を重ねるごとにレベルアップして優劣つけがたく実力伯仲して来ました。特に今回の最終大会は参加者全員に賞を授与したいぐらいの立派な演奏だったと審査員諸先生方の共通した感想でありました。
従いまして今年より年間集大成としてかねてより懸案の第一回全国大会を来年6月21日(日)、浜離宮朝日ホールにて致します。対象は第18回西日本・近畿・中部・関東各大会の上位入賞者です。詳細は後日関係者にお知らせします。

■  [PR]
# by andreK | 2008-04-04 21:49

ピアノ界への提言

最近NHKが若いお母さんを対象におこなった「こどもにさせたいお稽古ごと」アンケートではピアノが最も多かったようである。昔は稽古ごと即ピアノが定番であったが今は学校・塾を問わず様々な稽古ごとが多様化して盛んである。中でもスポーツはダントツで特に地方はその傾向が著しい。それでもピアノが圧倒的に多いとは意外であった。ピアノブームは昭和40年代をピークに下降線を辿り、現在は少子化と相俟って今は音大まで冬の陣で厳しい状況であるがそれでも前述のようにピアノ志向は潜在的願望が強いようである。
歴史は巡るでこの傾向はピアノ関係者には好機と捉え、浮揚すべくあらゆる可能性を模索探求努力すべきと思う。

■  [PR]
# by andrek | 2008-03-03 15:05

ピアノタッチ・レガティッシモ

声楽はボイストレナーというスペシャリストがついてブレッシングや発声法について指導助言してくれるポジションがあるがピアノの場合はなぜかそのようなトレーナーの存在は無いようだ。
小会公開レッスンでも指導講師に音作り、基本的なことについて教えを請いたいが限られた時間内ではそれも儘ならぬ。
以前、沖縄那覇での公開レッスンで沖縄県芸大教授の糸数ひとみ先生にご指導いただいた際、先生がさり気なく弾かれたフレーズがとても素晴らしく、目から鱗が落ちる思いで深く感動し、同時に音作りについて自省の念を深くした。
憚りながら小生学んだ(50年前)頃のタッチは各指は垂直に高く上げて打ち下ろすことが基本とされていた。その頃と現在は両極端で今は指を鍵盤から殆ど離さず、上体から指先までの重心を指の移動に伴い、瞬時に移していく方法が最も自然な奏法として定着している。
時には原点に返り、基本的なことについて再度点検する事も大事なことではなかろうかと思う。

■  [PR]
# by andreK | 2008-02-10 16:57
< 前のページ 次のページ >