グレンツェンピアノコンクール

ブログトップ

ピアノ界への提言

最近NHKが若いお母さんを対象におこなった「こどもにさせたいお稽古ごと」アンケートではピアノが最も多かったようである。昔は稽古ごと即ピアノが定番であったが今は学校・塾を問わず様々な稽古ごとが多様化して盛んである。中でもスポーツはダントツで特に地方はその傾向が著しい。それでもピアノが圧倒的に多いとは意外であった。ピアノブームは昭和40年代をピークに下降線を辿り、現在は少子化と相俟って今は音大まで冬の陣で厳しい状況であるがそれでも前述のようにピアノ志向は潜在的願望が強いようである。
歴史は巡るでこの傾向はピアノ関係者には好機と捉え、浮揚すべくあらゆる可能性を模索探求努力すべきと思う。
[PR]
by andrek | 2008-03-03 15:05